ヒツジ no イッピツセン

このブログは移転済です。新しいブログはこちら→ http://hitsuji-wave.com/ 30秒後に切り替わります

園芸初心者がプロに教えてもらいながら、シンプルかわいい寄せ植えを作ってきました

移転しました。

園芸って難しいですよね。
切花なら明るいところで水を絶やさないように交換していれば、ある程度は綺麗に咲かせられますが、根のあるものを育てるのはどうも苦手です。

先日、知人主催のイベントで寄せ植え鉢のワークショップをやるというので、それを目当てに行ってみました。
初めてにしては、なかなか良いものが出来上がったんじゃないかと、大満足です。

f:id:hitsujimeei:20151103163757j:plain

寄せ植えとハンバーガーと雑貨屋さん

美容室主催の地域イベントで、なぜか お花屋さんとハンバーガーショップが並んで来ている という謎配置。
あとは普段から店舗脇においている美容雑貨やインテリア雑貨の在庫を強化して販売していました。

ここのお店は美容雑貨のほうが少ないんですよね、ムレスナティーや個人作家の小物などを取り扱う愉快なお店です。

f:id:hitsujimeei:20151103160812j:plain

現地に到着すると、周囲に漂う肉の焼ける良い匂い。
ハンバーガーテントが大盛況で、寄せ植えテントは大勢の人がなにやらごそごそとオシャレな鉢を作っています。
あまりに人が多かったので、写真はその後に人が引いてから撮りましたよ。

準備作業が楽しいのは何でも一緒

さっそく、まずは受付を済ませて鉢と花を選びます。
お花屋さんのお姉ちゃんを捕まえて、「 初心者でも枯らさずに維持できるものが作りたい 」と相談しました。

最初は小さな鉢を選んでいたのですが、ある程度の大きさがあるほうが維持しやすいとのことで、40センチくらいの素焼きの長方形鉢を選択。

花の種類を詰め込むと見栄えが豪華だけど、根がギュウギュウになり綺麗に育てるのが難しく、まずは 少ないポット数で大きく育てる のはどうでしょうと提案されたので、素直にそれでいくことに。

実は、鉢と花を選ぶだけでかなり時間がかかりました。
あれにしようかこれにしようか、やっぱりこっちとそっちの組み合わせだとどうなるかな、あぁこれは難しいですか、花はいつ頃咲きますかと、なんでもかんでも聞きまくり喋りまくりの私に対し、嫌な顔せずに長々と付き合ってくれたお姉ちゃん、ほんとありがとう。

f:id:hitsujimeei:20151103160816j:plain

当日の朝に市場から直送したお花は、初心者が選ぶには十分すぎる種類があり、1ポット100円からでした。
初心者が育てやすい花なら単価はもともと低いんでしょうけど、おかげで花に関しては値段を一切気にせずに選んでいました。

この鉢が2400円で、 野外に出すのに わりと高価やな と感じたんですが、華道で使う花器の価格を考えたら安いものでしたね。
でも脳内イメージ価格は500円~1500円程度だったんです、安く見積もっていてごめんなさい。

すべて選び終わると、いよいよ寄せ植えていく作業の開始です。

本番作業はあっという間に終了

初めての植木鉢いじりです。
ここからは先ほどまでのお姉ちゃんから、にこやかなお父さんにチェンジです。
「初めてやります」と申告すると、底穴におくネットや軽石の役割、それぞれの土の説明など、細かいところから話してくれました。

使用する土は3種類の土をいい感じにブレンドしたものです。
各ポットの高さと、 それぞれの花が育ったときに根がどう成長するのか 教えてもらい、それを考えた配置と向きに調整してもらいます。

あとは、教えてもらった順番どおりに土をいれて棒で突いて隙間をつめていき、また土を入れたらつめていく作業の繰り返しです。

f:id:hitsujimeei:20151103160814j:plain

自分ひとりで調べて開始しても、書籍やネットだけではどうしても難しいですし、そもそも初心者には、今の自分やその情報の何が間違えているのか、何かわからないのかすらよくわかりません。

詳しい人から直接に教えてもらうメリットのひとつに、 自分がわかる言葉に変換して、自分に沿って教えてもらえる ってのはありますよね。
植え込んでいる間にも、育て方や水のやり方のコツなどを教えてもらっていました。

講習料金は無しで材料費のみだったのに、こんなにお世話になりっぱなしでよかったのかしら。

f:id:hitsujimeei:20151103162109j:plain

作業自体は20分ほどで完成しました。私の初めての寄せ植えです。
シンプルな構造ながら、なかなか可愛い感じになったので大満足です。

寄せ植えの中身と育て方

私の課題は、これからの維持なんですよね。だめにしないように頑張らなくてはいけません。

選んだ花の種類と、育て方として教わったことを簡単にまとめておきます。
花はすべて入門種のようなもので、普段に手入れをしていれば、頻繁に虫がついたり病気になったりはしにくく、暑い寒いにも強いので、 それぞれの季節に少し気にかけてあげる 程度で大丈夫だそう。

【普段の手入れ】

  1. 水をやる時間はできれば朝か昼
    明るく暖かい時間に水をあげる。土の乾燥には気をつけて、触ってさらさらしすぎていないように。
  2. 屋内NG、霜が降りない屋外に出す
    直射日光が差しすぎずに、風が抜けて、雨霜のない場所が良い。屋根のある明るい玄関ポーチは条件が良い箇所。足を引っ掛けてひっくり返さないように注意。
  3. 咲き終わった花を摘む程度のメンテナンスは必要
    完全ノーメンテの花なんてありません。最低でも1~2週間に1度は咲き終わった花は手で摘むか払います。今回の3種はそれほど肥料を必要としないので、元気がないと感じたら液肥を差してあげる程度で大丈夫。

【花の種類】

リンクはそれぞれ以下サイトより。

みんなの趣味の園芸 | 園芸、ガーデニングの情報サイト NHK出版

他にもカラフルなかわいい色の花もたくさんあり、目を惹くそれらも使いたいしとも思ったんですが、今回は上品な赤紫のカルーナを中心に、白い小花のバコパと、黄色と紫の小花のブラキカムではさむ構造にしました。

ちょっとシンプルすぎるかなとも思ったのですが、中央はもう少し背が伸びてボリュームがでる花だし、両側の花は葉が盛るように這って成長するので、これから育っていくともっと華やかになる との言葉と、自分でちゃんと育てていけると信じて、これにしました。

帰宅したら、早速玄関ポーチに置いて最初の水をたっぷりやり、上手に育つように祈っておきました。

あと、バコパって水草にも同名のものがあるんですが、これはその水上葉なんでしょうか?
過去に水上栽培したときには似たような葉で似たような花をつけていたような、おぼろげな記憶が。
これ聞こうと思ったのに忘れてしまった。うーん、気になります。

THE GRATEFUL BURGER(グレイトフルバーガー)

f:id:hitsujimeei:20151103160808j:plain

これは記事的にはオマケなんですけどね。

兵庫県バーガーグランプリで準優勝した加古川市のハンバーガーショップが、特別に移動販売で来ていました。
去年も同イベントに来ていたけど、ほぼ予約完売したと当時に聞きました。
今年は対応数をかなり増やして販売されていて、私も超楽しみにいそいそと購入しましたよ。

現地で食べて帰ってきましたが、このハンバーガーがかなりおいしいです。
ゴマの香ばしいふわふわパンに、肉汁たっぷりのボリュームのあるハンバーグと甘い焼き玉葱が挟まれています。
濃厚な特性ソースは肉と野菜に負けることなく、ビールによく合いそうで、満足度の高いテキサス系バーガーでした。
今度、店舗のほうにも是非行きたいな。


余談ですが、築30年以上になる我が家の玄関ポーチには、飾り気はまるでありません。普段の私の管理や掃除が楽になるように、あまりものをおかないようにしていたんですよ。
基本的には花は切花で屋内ですし、庭は造園屋さんにお任せで私は一切手を出しません。

ヤクルト宅配箱がおいてあるだけの殺風景な玄関が、これひとつ置いただけでたいそう華やかになりました。
この華やかさが魅力で、いろいろな寄せ植えを作って集めたくなる気持ちが少しわかった気がします。